老後の生きがい~国民調査から

昨日に続き「平成30年高齢期における社会保障に関する意識調査結果」から。『老後の生きがい』では、男女差が若干あるものの「子どもや孫の成長」「家族との団らん」が多くなっています。これは今後数十年で大きく変化していくでしょう。生涯未婚率の上昇、チャイルドレス夫婦の増加などから、「家族」が中心ではなくなっていきます。コロナ禍の影響かと言われていますが、昨年の出産や懐妊のデータから、子どもの数が想定より10年早く少なくなるとか。じわりじわりと社会への影響は響いてくると思います。だからこそ、旧態依然としたステレオタイプな考え方(家族中心主義)で、制度や仕組みを考えるのはまったくナンセンス!なんですよね。