老後の不安~国民調査から

先月厚労省から公表された「平成30年高齢期における社会保障に関する意識調査結果」からデータを何回かに分けて、いくつか拾ってみたいと思います。まずは「老後に最も不安を感じるもの」。年齢が上がるにつれ「健康」が増えるのはわかるのですが、一方で若い世代の「生活費」への不安の多さが心配です。いかに社会保障に信頼を寄せていないか。社会変化で仕事の不安定さもあるでしょう。理由が雇用でも健康でも障害でも、生活に困らないようにするのが社会保障のはずですが、どんどん脆弱になっていきます。一筋縄での解決は難しいですが、経済環境を見ていると一部の超高額所得者や莫大な利益を上げる企業もあり、歪が発生しているのは否めないと思います。勝ち組・負け組という言葉が一時流行りましたが、この考え方は大きく違和感ありますね。