何のための制度?

介護保険改正に際し、財務省からまたいろいろ提言が出されていますが、訪問介護(身体介護)の利用回数についても届出をすべしの案が出てきました。前回、訪問介護(生活援助)の回数を実質制限すべく届出制が通りましたが、その結果、援助→身体につけかえるケースが出ているからとのこと。おそらく点数稼ぎのための事業者もいるでしょう。でもそれよりも、実際必要な人がとても多いという状況を考えられていないのでは、とかなり訝ります。全体を制限するのではなく、問題のある部分だけを指導すればよいことでは。独居高齢者が増加し、認知症を含む要介護者が増加している中で支援を削るという観点のほうがおかしいのです。また福祉用具も杖などを貸与でなく購入にと財務省案。でもなぜ貸与なのか、なぜ購入なのかという、制度創設時の基本的考えを再確認してほしい。きちんとした理由があるからです。何のための「公的」介護保険なのか、財務省には根本的に考えてほしいといつも思ってしまいます。