コロナと施設面会

10/14に厚労省がこれまでのコロナクラスター発生数を発表しました。10/12時点で1601件、最も多い場所が飲食店400件、企業等337件。意外と職場ルートも多いのですね。福祉施設(介護含む)は295件、医療機関288件とのこと。危機管理を徹底することにより、厚労省としても施設の面会制限の緩和を示しました。これまでは「面会制限」を厚労省として指示していました。通知では、①面会時間は必要最小限で1日の回数制限、②換気可能な別室で行う、③来訪者は施設内のトイレを極力使わない、などを要請。もちろん発熱者は不可、マスク手指消毒も必須です。感染防止と人のコミュニケーションはトレードオフで、どちらかを重視するとどちらも違うリスクが発生します。オンラインコミュニケーションも活躍していますが、やはり「相対」する大切さは代替できない部分もあります。一人ひとりが「染らない、染さない」意識で乗り切るしかないですね!