高齢化率2065年

総務省が先月の敬老の日にちなんで「統計からみた我が国の高齢者」というレポートを出しています。日本の高齢化率はご存知のように世界で最も高く、イタリア、ポルトガル、フィンランド…と欧州が続きます。このグラフで見ると、2020年段階では韓国・中国はまだ低いものの、これから韓国・中国の追い上げ(?)はすさまじく、2065年には韓国が42.1%と日本の38.4%に差をつけ抜きん出ると予測されています。中国も同年30.0%。イタリアも36.1%と高いものの、他の欧米国は昔からさほど急な高齢化はおこらずスローペースです。今でも高齢社会の課題はあれやこれやと事欠きませんが、今後ますます厳しくなる状況を誰もが考えないといけませんね。