新語はわからぬ…

我が家も新築21年目(マンション)、水回りが気になって来ました。住設メーカーのパンフをいくつか取り寄せたんですが、1冊300頁とか重くて立派なものが宅配でどーんと届きました(^_^;)。組み合わせがなんと複雑なんでしょ(゜д゜)!。器具の進歩が著しい。へぇ~、ほぅ~(;・∀・)と驚くことばかり。このページ理解するまで少々時間かかりました。インテリア・バー? タオル掛けのこと? いやいや、「手すり」なんです。その下、ハンドグリップ? 手の運動するやつ? いえいえこれも手すりなんです。いかにも「介護」なイメージ払しょく作戦でしょうか(;’∀’)。気持ちはわかるけど、わかりづらい!必要な人は「手すり」を求めているはず。さらに「人間ダメにしそう」な設備(笑)も満載で、これをお風呂と呼ぶのか?!と感じてしまいます。もちろんこういうの大好きな方もいれば、私のように究極のシンプル(安さ!)を目指す人間も(;’∀’)。一方で、最新設備を知ると、高齢者住宅視察の際にもすごく役立つことに気付きました!他にトイレ、洗面、キッチンもあるので、また感想を述べたいと思います。