死に場所は老人ホームが増加

令和3年度介護報酬改定に向けて(厚労省社保審:2020.6.1)

昨日に続き同じ資料から気になったデータ。「どこで死ぬか」。病院から自宅へシフトが叫ばれ時がたち、確かに病院は減っている。でも自宅が増えているか?というと、増えているのは老人ホームなんですね。老人ホームを「自宅」と考えるかどうかは、さまざまな論点があるので一概に言えません。有料老人ホームなどの営業担当は「ご自宅ですよ」とよく言われます。自立型の場合はそうともとれますが、介護型はとても「自宅」とは思えません。以前、某大学の先生がサ高住をさして「住宅とはいえない、ただの部屋ではないか」と言われてましたが、介護型サ高住については私もそう思います。話を戻し、「どこで最期を迎えるか」は、今後本当に考えねばなりません。病院の数は高齢者人口が増えているのに、減らされます。自宅で「看取ってくれる人」がいない高齢者が激増します。そもそも火葬場不足まで言われているおり、おちおち死ぬことすら不自由になってきた社会。介護をどうするかの先に、死に場所まで考えねばならないとは、困った世の中になりました。お墓付有料老人ホームが増えてきていますが、そのち火葬場付き有料老人ホームもできるでしょうか…。