養護老人ホーム(2)

「高齢者の生活困難と養護老人ホーム」(2019)より

昨日の続きで「養護老人ホーム」の話です。驚くことに、地域包括支援センターや福祉関係の担当部でも養護老人ホームを知らない人が多いそう。介護保険施行以来、高齢者への福祉は介護保険ありきになってしまっていることがよくわかります。さらに、社会保障改革で、かつては施設整備費(これは特養も同様ですが)は、国が1/2、都道府県が1/4、社会福祉法人が1/4と、公的な部分が負うところが多かった。しかし、さまざまな改革の中で、最終的に、この補助は一般財源化されたため、市町村は措置に使いたくない(事務手続きもややこしく、詳細は除きます)。それよりも、国が1/2負担してくれる「生活保護」にして、サ高住などに「入れてしまう」ほうが、ラクであり市町村の財源を棄損しない(端的に言ってしまうと)、という流れなのですね。これを「措置控え」「措置渋り」「措置離れ」などと揶揄されています。こんなことになっているとは、驚きました。昨日記したように、養護ホームへの入所者は介護以外に何等かの課題を抱えている人がほとんど。サ高住への入居で「福祉」の視点はあるのか、が問われます。河合先生のご著書はいつも読み応えのある書籍です。ブログに記してしまうと極端なところだけになってしまう懸念があるものの、高齢期の生活・暮らし・住まいの問題は、とてもとても大きく底が深いと思います。