「養護老人ホーム」のこと

読書シリーズです(;’∀’)。これは衝撃でした。高齢者の住まいの分類の解説を長年している中で、「養護老人ホーム」は特段説明に入れていません。理由は「措置」だからですが、自分の理解もその程度しかなかったのだと痛感。2000年前後、介護保険開始前後に養護ホームに伺ったことがあります。老朽化した施設でしたが、諸事情に困った高齢者が暮らすにはよい制度と思っていました。しかし、これも構造改革のあおりでさまざまな問題が出ています。養護ホームは介護の有無に関係なく、何らかの生活困難(経済的・社会的)を持つ高齢者のための施設で、自治体が措置(救済)として入所する施設。全国に975施設(2017年)しかありません。入所者(入居と言わず入所)は、精神障害を抱える人が少なくなく、知的障害、被虐待、セルフネグレクトなど、単に経済的困窮ではなく、自立生活が難しい状態の人が多くなっています。老人福祉法による老人福祉施設に位置付けられますが、施設は増加しないだけでなく、入所率が7割程度?と少ない。なぜこんなことになっているのか、措置の人が少なくなっているはずがないわけで、介護保険施行や社会保障改革が大きなきっかけとなっているのでした(続く)。