有老ホームの情報

以前も何度か記したことですが、複数の有老ホームの顧客向け会報誌を定期的に送って頂いています。個人的にいつも一番楽しみなのが、コピー印刷・ホチキス留めの超シンプルでコストのかかっていない(;’∀’)もの。でも、伝わり方はトップクラス。運営母体は京都の有名なお寺ですが、別法人化でホームは株式会社、社長は貫主(*’ω’*)。巻頭に貫主のお話があり、これが毎回非常に勉強になり面白い!お坊さんならではですね。続いて施設長。やはり「キャラ」がよく出ている内容で、先代に続き新施設長もクラシックに造詣が深いことがわかります。もちろんご入居者の投稿も多々あり、ホームのことがよく伝わってくるのです。ともかくシンプルで嫌味がない。入居者や入居検討者が「何を知りたいのか?」の視点に立つのが重要と思いますが、「事業者本位」で豪華な会報誌も少なくないです。