高齢期の法律事務

土曜日に、仲良くしていただいている司法書士の先生の講座に行ってきました。とってもおもしろかった(*’▽’)!というか勉強になりました。高齢期の法律関係は、専門家にお願いしたほうがいいなぁと実感。私の自筆遺言書にも問題があることがわかりました(*_*)!先生が若い駆け出しのころ(今もまだ若いですが・笑)、最初に任意後見を担当した高齢者から言われた後見人の条件が、①若い人、②タバコを吸わない人、③ギャンブルをしない人、の3つだったそうです。すごい的を得ている!と思いました。後見をしてもらう人は、自分よりある程度若くないと長い先を考えると困ります。タバコは健康上当然。意外と盲点は「ギャンブルをしない」。そうですよね!金銭的なことも託すのですから、これとっても大事!他にもユニークなエピソードがたくさんありました。4月にこの先生と一緒に大きなイベントで講師をします。詳細決まり次第お知らせします(^_^)/