将来への不安

昨日は京都で有料老人ホーム14施設が合同でイベントを開催、講師をお任せいただき、400名以上が来場されました。いつも思うのですが、大きな会場で数百人単位の来場者がおられても「初めてこういう勉強会に参加」という人が圧倒的に多い。それだけ、“新しく”高齢者の住まいへの関心、将来の介護への不安を持つ人が増え続けているのでしょう。残念ながら、自分で何とかしていかざるを得ない社会となっています。早めに知識を得て対策を講じていただければ。話は変わり、今月初めに福岡市で市民向けセミナーがあったのですが、アンケート集計を送ってくださいました。50代位の若い方から「老後設計を今から考えねば」という内容のコメントも複数見られました。また「講師からのラブリーメッセージを感じた」と書いてくれた方も(*‘ω‘ *)。こんなホメ(?)言葉は初めてで、とても嬉しく和みました。愛を感じて頂ければ幸いです(^o^)丿