介護職員求人4倍!

7/26の社保審介護保険部会の資料から。この日のテーマは「介護人材の確保等について」でした。介護業界に限らず、人手不足が叫ばれる昨今ですが、資料によると2018年度の介護関係職種の求人倍率は3.95倍(約4倍)!。全職業が1.46倍ですからそのひっ迫した状況はわかります。その対策ポイントも上げられてはいるものの、過去見られた内容とほとんど変わらず、甚だ将来における介護事情は好転すると思えない。特に在宅は非常に厳しくなっていくと思います。ICTとかロボットだけで乗り越えられる問題ではないと思うので、グダグダ言わずに「社会保障」としてガッツリやるべき!と、個人的には思うのですけど(;’∀’)。