エスカレーターは歩かない

画像は、公益社団法人東京都理学療法士協会から拝借しました。「わけあってこちら側で止まっています。」キーホルダー。最近少しだけ「ヘルプマーク」をつけている方を見かけるようになりましたが、これはエスカレーターで、怪我や麻痺などによりどちらかのベルトにしかつかまれない人のために作られたそうです。エスカレーターは、西日本と東日本?で右側・左側違うようですが、いずれも歩く人用に片側をあけるという暗黙のルールがあります。昨今は駅内でも「エスカレーターは歩かないでください」と啓発していますが、東京など都市部にいくほど歩くどころか走っている人も(;’∀’)。体にトラブルを持っていなくても怖いときがあります。急いでいるときは自分もついつい歩いてしまい、反省。「人にやさしい社会」はこんなところから考えたいものですね。