生活リズムセンサー

 

先月の有料老人ホーム孤独死は、厚労省の対応も早く高齢者住宅事業者に向けて安否確認の徹底の通達を早々に出していました。高齢者住宅だけでなく一般住宅も独居が増える中、今後は後付けセンサー需要も増えると思います。そういう私も高齢者ではないものの(;’∀’)、何が起こるかわかりません。周りに迷惑をかけないようにしたい。センサー設置の検索などしてみました(;・∀・)。5,6年前に比べると各段にサービスが増え、内容やコスト面も充実してきていると感じます。センサー異常察知は、あらかじめ登録した身内などに伝わる仕組みばかりでしたが、警備会社中心にかけつけサービスも増えました。老親と遠距離で暮らす子世代は連絡が来てもすぐかけつけられないし、身内すらいない人も多いので、駆け付け確認まであるといいですね。そろそろ私自身も真剣に考えようかと、思っています(;’∀’)。