高齢者の薬

厚労省は「高齢者に適正に医薬品を使うための指針案」を昨日有識者会議に示したとのこと。高齢者がたくさんの薬を服用することで副作用も多発、改善するためとのことですが、医療費を抑えるがためという気もします(;”∀”)。75歳以上の40%は1ヶ月に5種類以上、25%は7種類以上を薬局でもらっているそう。1カ所の薬局の数字なので、複数の薬局に行く人はさらに数が増えることが推測されています。さらに、画像のように副作用の例も示しています。しかし、今頃という気がしてしまいますね。随分昔から指摘されていた多薬・副作用の問題。なんとなく医薬業界との癒着などもからんでブラックなにおいも漂います(;’∀’)。どこまで抑えることができるのか。医療側だけでなく、我々国民も自分で意識しておきたいですね。