オレンジリング

オレンジリングは認知症サポーターの証で、昨今は介護・福祉業界だけでなく金融機関の店舗の方々もIDカードにつけているのを見かけるようになりました。十数年前に厚労省が始めた「認知症の理解を進める」プロジェクトです。発足当時は確か100万人養成が目標だったと思いますが、昨年末でなんと980万人を超え1千万人に届く勢いです。私自身も当初企画倒れではと訝っていたのですが(;’∀’)、予想以上のペースで60万人を超えたという話を聞いたときに、市井の人々はすごいかもと思いました。私も遅ればせながら数年後にサポーターを受講しオレンジリングをもらい、その後、養成講座の講師もできるキャラバンメイトの資格(というのでしょうか)もいただきました。全国各地でサポーター養成講座を開催していますし、企業や町内会など人が集まるところに出張講座もしてくれます。誰もが認知症は他人事と言えない世の中になりました。ぜひ機会を見つけて参加してみてほしいと思います。