第7期介護報酬改正

昨日、半日寒いところにいたのでとうとう風邪の兆候が出てきました((( ;゚゚)))…悪化しないよう厳重注意です(≧≦)!さて、26日の社保審で4月からの介護報酬の算定構造案が出てきました。100頁近く、しかも毎回どんどん字が小さくなる(笑)資料を全部見てはいませんが、ざっと見てみると予定通り通所介護は1時間単位となり減算・加算がそれぞれあるようです。介護医療院もとうとう算定表に入りました。有料老人ホームの特定施設報酬も若干ですが上がっています。しかし、この複雑な算定表、一般国民が理解できるのでしょうか、うーむ(-_-)。事業経営者も事業の存続を左右されるほどの大事です。いつも思うのですが、これこそ机上の空論の「点数」ではなかろうか。「自立支援」を十把一絡げにできるのだろうか。昨日も記載しましたが、介護の問題はどんどん悪化しているような気がします。高齢者の尊厳を目的とした介護サービスはいつの間にか「目的」でなく「手段」になりつつあるような…(-_-メ)…