死に場所は老人ホームが増加

令和3年度介護報酬改定に向けて(厚労省社保審:2020.6.1)

昨日に続き同じ資料から気になったデータ。「どこで死ぬか」。病院から自宅へシフトが叫ばれ時がたち、確かに病院は減っている。でも自宅が増えているか?というと、増えているのは老人ホームなんですね。老人ホームを「自宅」と考えるかどうかは、さまざまな論点があるので一概に言えません。有料老人ホームなどの営業担当は「ご自宅ですよ」とよく言われます。自立型の場合はそうともとれますが、介護型はとても「自宅」とは思えません。以前、某大学の先生がサ高住をさして「住宅とはいえない、ただの部屋ではないか」と言われてましたが、介護型サ高住については私もそう思います。話を戻し、「どこで最期を迎えるか」は、今後本当に考えねばなりません。病院の数は高齢者人口が増えているのに、減らされます。自宅で「看取ってくれる人」がいない高齢者が激増します。そもそも火葬場不足まで言われているおり、おちおち死ぬことすら不自由になってきた社会。介護をどうするかの先に、死に場所まで考えねばならないとは、困った世の中になりました。お墓付有料老人ホームが増えてきていますが、そのち火葬場付き有料老人ホームもできるでしょうか…。

介護は高齢期にお金がかかって当たり前

令和3年度介護報酬改定に向けて(厚労省社保審:2020.6.1)

1ヶ月ほど前の資料のデータから拾ってみました。医療費ではよくこの年代別グラフを持ち出して、「高齢者は医療費がかかる!」が演出されるのですが(まあその通りとしても)、介護も同じようなデータが出てきました。こんなの当然ですよね(;’∀’)。そのための「保険」ではないのか。だいぶ以前にも記したと思うのですが、人間1人が赤ちゃんから老人になって世を去るまでの間にかかる社会保障費を分析すると、最初と最後はコストがかかるのです。これを補うのが、自分が働ける間。昨今「高齢者の負担を増やして、現役世代の負担を減らせ」論調が多いですが、これは結局将来の自分の負担を増やすことになり、同じ穴の狢なんですよね。もちろん、以前のように今後経済や社会環境が右肩上がりであれば、いいのですが、もしそうなるとしても社会保障費用を賄うには相当な年数が必要になってくる。経済と一緒で、国も目先のことしか考えないのかなぁ、と最近の「お金がないない」資料を見ていると思ってしまいます。

先が読めないこのごろ

自粛中にトライしたベランダ菜園がなかなかな状態(^o^)になってきました。ミニトマトは収穫中。とはいえ小さい鉢植えやプランターなので、成長したくてもできない窮屈さが気の毒です。実家はまだ周辺に田んぼや畑が多いので、誰もが家庭菜園といっても庭や敷地外の田畑で自家用の野菜づくりをしています。実家の畑を見ていても、もう全然育ち方が違う( ;∀;)。我がベランダのシソは実家から株分けしたのですが、1ヶ月で成長度合いは5倍ぐらい違います。実に大地と異なる物理的・心理的な影響が…と屁理屈してしまいます(;’∀’)。コロナ禍で、「暮らし・住まい」への価値観が変わった方もおられると思います。私も将来の暮らしを再検討するこの頃。最近、新聞を読む時間が昔の2倍位かかっています。ヒマなわけじゃなくて(;’∀’)、将来予測するための世界中の事象の課題が多すぎる。今日と昨日はそう変わらなくても、昔なら数年単位だったものが数ヶ月単位で著しい変化が起きている。シニア世代も、若い世代も常に「先を見通し」ながら生活設計してほしいです。

養護老人ホーム(2)

「高齢者の生活困難と養護老人ホーム」(2019)より

昨日の続きで「養護老人ホーム」の話です。驚くことに、地域包括支援センターや福祉関係の担当部でも養護老人ホームを知らない人が多いそう。介護保険施行以来、高齢者への福祉は介護保険ありきになってしまっていることがよくわかります。さらに、社会保障改革で、かつては施設整備費(これは特養も同様ですが)は、国が1/2、都道府県が1/4、社会福祉法人が1/4と、公的な部分が負うところが多かった。しかし、さまざまな改革の中で、最終的に、この補助は一般財源化されたため、市町村は措置に使いたくない(事務手続きもややこしく、詳細は除きます)。それよりも、国が1/2負担してくれる「生活保護」にして、サ高住などに「入れてしまう」ほうが、ラクであり市町村の財源を棄損しない(端的に言ってしまうと)、という流れなのですね。これを「措置控え」「措置渋り」「措置離れ」などと揶揄されています。こんなことになっているとは、驚きました。昨日記したように、養護ホームへの入所者は介護以外に何等かの課題を抱えている人がほとんど。サ高住への入居で「福祉」の視点はあるのか、が問われます。河合先生のご著書はいつも読み応えのある書籍です。ブログに記してしまうと極端なところだけになってしまう懸念があるものの、高齢期の生活・暮らし・住まいの問題は、とてもとても大きく底が深いと思います。

「養護老人ホーム」のこと

読書シリーズです(;’∀’)。これは衝撃でした。高齢者の住まいの分類の解説を長年している中で、「養護老人ホーム」は特段説明に入れていません。理由は「措置」だからですが、自分の理解もその程度しかなかったのだと痛感。2000年前後、介護保険開始前後に養護ホームに伺ったことがあります。老朽化した施設でしたが、諸事情に困った高齢者が暮らすにはよい制度と思っていました。しかし、これも構造改革のあおりでさまざまな問題が出ています。養護ホームは介護の有無に関係なく、何らかの生活困難(経済的・社会的)を持つ高齢者のための施設で、自治体が措置(救済)として入所する施設。全国に975施設(2017年)しかありません。入所者(入居と言わず入所)は、精神障害を抱える人が少なくなく、知的障害、被虐待、セルフネグレクトなど、単に経済的困窮ではなく、自立生活が難しい状態の人が多くなっています。老人福祉法による老人福祉施設に位置付けられますが、施設は増加しないだけでなく、入所率が7割程度?と少ない。なぜこんなことになっているのか、措置の人が少なくなっているはずがないわけで、介護保険施行や社会保障改革が大きなきっかけとなっているのでした(続く)。

要介護本人のノウハウ?

コロナ禍自粛のこの4,5カ月、ともかく本をたくさん読みました。仕事や勉強に関係ある本、ない本、フィクション、ノンフィクション、一貫性のないリーダーです(;´∀`)。その中のひとつ、図書館が再開してから、書棚で見つけて借りてみました。ほぼ著者の実生活コラムのようなものですが、シリーズで10冊?ぐらいあるようです。まずは一番最新の2020年3月発行のこれを借りてみました。工学部の元大学教授、現在80歳で、これだけ書かれるのはまだ元気な頭脳をお持ちです。とはいえ、身体はかなり弱ってしまった。奥様や娘さんを難病で亡くすという辛い経験もされており一人暮らし。中には有料老人ホームに3年ほど暮らした経験、将来のために某有料老人ホームとの契約も検討中などの話題も。(苦)ニヤリとしたのは、通っている介護予防デイで老人達が「卒業させられないようにするためには」のノウハウを共有する場面。公言したらあかんでしょ、と思いつつ、なるほど~。ここには書けません(笑)。

透明マスク

暑いシーズンのマスクをどうするか、考え物ですね。各企業から「夏用マスク」も企画販売されているようですが、この購入のために開店前から長蛇の列密状態ではもともこもありません(;´∀`)。Net販売だけのところもあるようです。私も7月からセミナーや講座の再開ですので、どうしたものか。そこで、この透明マスクを買ってみました。布や不織布のマスクは、この時期ちょっと喋ったり歩いたりすると、結構息苦しくなって困っていました。この透明マスク、あごで支えて上部に一定の隙間もできるので、苦しくありません。しかも距離感が抜群で曇ることもない。なかなかすぐれもの。ただあごのプラスチックがちょっと痛いのでここになにかクッションを挟まないと、60~90分喋るとおそらく擦り傷ができそう(;´∀`)。でも、自分の飛沫を拡散防止するにはそれなりの効果がありそうですが、外部から自分への侵入はほぼ防げない(上部はすっかり開いている)ので、「他人のために」のマスクです(^_^;)。

昔は冬より夏が危険だった

出典:「あたらしい家づくりの教科書(新建新聞社:2016)より

先日、エコ&健康な家についての本を読んでいて、お?!と思う内容がありました。今では冬場のヒートショック、つまり浴室と脱衣所の温度差による体調の急激変化が問題とされ、家庭内事故でも浴室における「溺死・溺水」死亡が年間7千件を超える勢いです。ところが、100年前は圧倒的に夏の死亡者が多かった。吉田兼好は750年前に「住まいは夏の暑さを考えてつくりなさい」と言っていたそう。原因は書かれていないのですが、社会状況が全然違ってきたことと、超高齢者の増加ゆえではないかと個人的には思うのですが、欧米でも同様に夏・冬逆転現象がおきているそうです。しかも、冬場のこの事故は、世界的にも寒冷地より対策が遅れている温暖地のほうが多い。確かに冬の北海道は家の中はどこも温かいですものね。ということは、いかに冬場の「寒暖差」が暮らしにとって危険なのかがわかります。ひとつ勉強になりました!

自宅デイの発想

京都鴨川に咲くクチナシが甘い香りを漂わせています

先日業界新聞の記事で、大田区の「自宅でできるデイ」が紹介されていました。新型コロナで通所サービスなどが利用できなくなった高齢者のために考案されたもののようです。主催は大田区通所介護事業者連絡会で、自宅デイの内容を、運動プログラム編と脳トレ編の2冊の冊子にまとめたとのこと。単に、この冊子を配布するというのではなく、各事業所の担当者が事前に説明会に参加するなどをした上での提供のようです。コロナ渦中は、介護事業所にもさまざまな特例が施されましたが、急場しのぎのものが多くなりました。体系づけて一定の品質を目指せる仕組みは良いですね。ぜひ効果測定まで検証してみてほしいものです。目の前に壁が立ちはだかればなんとかする、人間の知恵は、ポジティブなことに使ってほしいものですね!

どこで最期を迎えるか

第1作目「病院で死ぬということ」で知られる医師の山崎先生のご本(2018)。外科医→ホスピス病棟→在宅ホスピス診療所(現在)という医療現場の内容で、想定以上に重かったですが、読んでよかったです。介護や高齢者事業業界にいる方、高齢世代本人、その家族、が知っておくべきことが多いと思います。政策としても在宅看取りを推進する中、我々一般国民も避けては通れない終末期のこと。費用的なこと、課題、実例、スピリチュアルな問題、etc.、広く網羅されている内容です。本筋から少しずれるのですが、「ホームホスピス」(民家で終末期の5人程が集住し、緩和医療と介護の24時間チームの支援を受けながら看取られる)は、現在制度化されているわけではなく、行政指導は「有料老人ホーム」の届出を必要とするとのこと。でも、がん末期患者中心ですから「高齢者」とは限らないし、老人ホームとはまた違う種類のもの。「制度が後からついてくる」の実例です。現在は未届け有料老人ホームとされているところが多く、こういう問題もあるのだなぁ、と。これから社会変化はもっと著しくなります。追いついて行けるのでしょうか…。